ほったらかしFX。目指せ自動売買長者

●相互リング募集中!●ほったらかし自動売買でどこまで増やすことができるか実弾挑戦中!

    徹底的にやる覚悟があれば資産運用として通用するのだ。

    タグ:EA

    今月も 自動売買システムが目標利益を達成しました。負けた月はないです。
    僕がしたことは。。。




    何もないです。まったくです。


    何もしないでストレスなしで

    どうしてストレスがないのか?
    ずっとみてきたら誰でもそうなります。
    一ヶ月そこらやり始めたらストレスだらけだろうけど。

    システム運用後もスイスショックやギリシャショック!英国離脱問題や黒田逆バズーカなどあらゆる超乱高下がありましたが相場から強制退場された方が沢山いました。でも
    システムは涼しい顔をしています。

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    複利運用ではありません単利で確実に積み上げていく運用です。

    自動売買の口座は2つで運用していますがどちらの口座もロジックは●もうほとんど似たようなもの●です。


    ●P口座として201504月100万でスタート後に100万追加し
    現在 200万→286万ということです。(手数料引き後)

    ●M口座として201504月100万でスタート
    つまり 100万→141万ということです。(手数料引き後)

    ●2つの口座合計資産推移  300万→427万

    ●大体資金の2パーセント位の利益達成でメンテナンスに入ります。

    ●MT4をやっていない方に説明すると実弾本物口座なので左角上にLIVEと書いてあります。


    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------




    ↓触ると危険です!爆発します。

    人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
    にほんブログ村
    P
    R



    将棋や囲碁の頭脳ゲームで コンピューターが 人間を打ち負かす時代がやってきた。

    昔は こういった戦いで コンピュータが善戦するも、勝ち越すことはなかった。

    また、最強といわれる、名人クラスがコンピュータを相手にすることはなかった。

    そらそうだ。


    コンピュータに人間が負けたら もうそれはそれで 人間がわの既得権益損失にもなりかねないからな。

    最強!という存在が最強ではなくなる。それは 憧れの対象がかわるからな。

    将棋会や棋士 にも  スポンサーがついたりつかなかったり、にも影響してくるだろう。




     囲碁プログラム「AlphaGo」とトップ棋士・李世ドル九段の5番勝負「Google DeepMind チャレンジマッチ」の最終5局が15日に行われ通算対戦成績は「AlphaGo」の4勝1敗。

    将棋のほうは2015年の3月から4月にかけて開催




    将棋電王戦FINALで 人間が2勝3敗の負け越し。

     今年は 棋士が勝ち越しだったと思う。

    こんな風にコンピュータが人間に追いつき、追い越しが近いうちにやってくるだろう。

    トレードの世界でもそう。

    よく、裁量トレーダーがいうには 難しい局面や 新局面を判断できないだろう。

    バックテストで通用しても将来通用しないだろう。とか

    とかファジーな判断はできないだろうから人間が勝つというようなことをよく聞く。


    しかし、ほんとにそうだろうか?

    そもそも 優秀な運用システムは
    ●一定期間フォワードテストもしてから運用する
    ●そもそも裁量トレードの勝ちパターンがルールに導入されている
    ●人間の思考が入っている


    過去のデータの読み込み量や分析検証力、バックテスト、フォワードテスト、スピード、冷静さ、

    そもそも、人間が勝てるわけがないのである。


    僕は 

    裁量で勝てるように(それなりに)なるのがほんとに時間かかったというのが事実です。

    株やFXでデビューして数年間はマイナスで大きく数百万やらかしているのは裁量トレード。数百万溶かしています。

    裁量と自動売買運用の両方をしているので 思うまま言うと

    裁量トレードは好きだし勿論認めている。しかし トレーダとしてより優秀なのは

    コンピュータになるだろう。

    でも

    優秀なシステムを作ったり、セレクトするにはやはり、裁量の技術も勉強して向上させなければならない。

    つまり

    両方やって良い!ということだ

    しかし

    電王戦にでてくるコンピュータシステムはあらゆるソフトと対戦して
    勝ち上がってきたシステムだ。

    EA 自動売買 システムは 

    ポンコツシステムから

    超優秀システムまで玉石混交だ

    管理人が勝っているからといって安易に取り組むな!

    なぜか!?

    つづく

    お帰りの際はポチっと押していただけると管理人も
    ブログにいろいろと告白しやすいのじゃよ。



    このページのトップヘ