11月のトータルはプラス 9万円で終了。 裁量トレードにて。


ブログ更新していないのに沢山の訪問ありがとうございます。
ただ 書くことがなかったんで、自動売買を止めたので。
利益がでていて やめるのはもったいないが、裁量で当分は運用する。
(なにせ資金効率の比較で)

別にまた海外での自動売買をしているが、運用はそちらは10万位のテスト運用スタート中)

このシステムも

約2年もたたずに

合計300万が425万になってくれた。手数料を払わなかったら、なんと500万近くになっている。
凄い実力には間違いない。 

 

さていよいよ資金を整理するため海外から引き上げます。

    ↓ 

処理はとっくに日本の口座に着金完了して銀行からも電話があり、外国為替なんちゃらという書面が届いている。

 無事に資金移動完了し、一旦は国内証券会社での裁量トレードをしてます。

 
11月は14万の利益を上げていたが、最終日に-5万とやってしまった。
9万の月トータルプラスで終えた。

調子のって、ポジポジ病になりかけている。どうでもいいところで入って、逆トレンドが発生し
ナンピンで応戦。 さらにサポートを完全に抜かれた。-14万。のロスカット。
その後  +9万の追い上げ。この日-5万で終えた。



こんな危険なトレードはしてはいけない。
しっかり、見極めて、シナリオ描いて、逆行かれたときはしっかりと、きる!
なかなか 守れないんだな。これが。


 ポチ!ご協力をお願いします。


人気ブログランキングへ

 

今、ピボットトレードを導入予定、4DFXもピボット入っているのでこれを使うのもよいが、MT4が重くなる欠点があるんだな

ピボットは簡単にいうと、多くのトレーダは前日の高値安値を見ている。
これをもとにしたトレード。

通常のレジサポラインとしても。または、朝に仕掛けるオープンピボット戦法というものもある。


まずPIVOTとは、前日の高値・安値・終値から算出した短期用の指標です。
市場価格は、このポイントを中心に動く(回転する)ということを前提にしたテクニカル分析です。別名「リアクショントレンドシステム」と呼ばれています。

まず、ピボットの計算方法は、

P=(高値+安値+終値)÷3

で求めることができます。
通常のピボットトレードでは、B1やB2で買い、S1やS2で売りなどという感じで利用します。

P=PIVOT H=高値 L=安値 C=終値

HBOP=2P-2L+H
S2=P+H-L
S1=2P-L
B1=2P-H
B2=P-H+L
LBOP=2P-2H+L 

http://blog.livedoor.jp/koupy/archives/572937.html  ピボットの説明引用元

オープンピボットトレードとは、この中心値「PIVOT」に1日に1回は到達する可能性が約75%あるということを利用したトレード方法です。
1週間(5日間)で最低でも3日、調子がよければ5日ともピボットに到達することも。 


http://www.gaitame.com/seminar/report/121212.html 引用元 しろふくろう氏のコメント 
PIVOTの特徴としてPIVOTより上で寄り付いた時、買い(ロング)のポジションを持つと利益が上がる確率が高くなり、逆にPIVOTより下で寄り付いた時、売り(ショート)のポジションを持つと利益が上がる確率が高くなる。これがシンプルなPIVOTの活用方法だ。PIVOT値を毎日見ていて、PIVOT値よりも今日は始値が上なのか下なのかをまず見るだけでも、買いか売りかの判断の助けになる