本日も 「プロスペクト理論」について考える

あらゆる図書、あらゆる有名トレーダーたち
がいっていることが共通している。

自分なりに整理してみた。

成功者は結局プロスペクト理論

理解しているのだ。



「古今東西の失敗のトレーダの共通点」




通常の駄目トレーダーは


利小損大 で 爆破に逃げれず。すべてを失う。

なぜ 利小損大 になるのか?

自分の希望に反して 一気に損大になる場面がやってきたとする。


例えば 突然のニュースもあるだろう。。。
 すべての足で移動平均が上を向き、


新高値をとってきた場合など その秘めた爆発力に
きずかない、いや 気付いていても 人間の持つ
感情が 決済させない。


悪魔がささやく そのうち戻るだろうって。

そして
被弾する
--------------------------------

「勝ちトレーダーの共通点」


勝ち続けるトレーダーは
利小損大 の逆をする


期待値の高いところを探し 

シナリオ るーるを立て

ひたすら その局面がくるのを待つ。



ポジションを持ったら 決めたルールに従い、

シナリオに反して相場が動けば 負けを認めて爆弾を回避する。


シナリオ通り 相場がいっているなら トレイルで利を伸ばす努力をする。





プロスペクト理論とは


[意思決定基準は、価値関数と確率加重関数からなる]~なんじゃ++-?!?

数式まででてきたよ。。。

ウィキでは

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%83%88%E7%90%86%E8%AB%96

励みになります。ポチットお願いします。→
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村