ほったらかしFX。目指せ自動売買長者

●相互リング募集中!●ほったらかし自動売買でどこまで増やすことができるか実弾挑戦中!

    徹底的にやる覚悟があれば資産運用として通用するのだ。

    2016年08月

     (今月も目標利益達成。現在メンテ中。自動売買の画面は月末予定です)

     

    オリンピック閉会だ寂しいと思ったら。

    ◇リオオリンピック五輪閉会式(2016年8月21日)  リオデジャネイロ五輪の閉会式で、4年後の東京五輪を紹介するパフォーマンスには日本安倍晋三首相(61が任天堂の世界でも大ヒットゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のマリオに扮して登場した。

    自衛隊員の方君たちのボスはこの格好してるんだけど。。。。

     

    「リオ五輪・閉会式」(21日、マラカナン競技場) 次大会を務める東京五輪が、日本ならではのキャラクターをふんだんに用いてアピールし...

    ---------------------------

     

     Twitterからの反応

    【安倍マリオ!が登場した。どうなる日本の舵取り】の続きを読む

    暇な相場だ。こういうときは偉人の言葉を捜してみよう。
     
     
     
     
    またもや
     
    大投資家 バフェット氏。
     
     
    短期のトレーダには関係なさそうで関係あるように思える。
     
    テクニカル分析よりファンダメンタルのほうが長期投資には
    必須条件なんだろうね。
     
    でも最低5年は銘柄を保有するというから、おいらなんか、
    含み損かかえていれば、寝られない。無理だな。長期投資は。
     
     
     
    バフェットの言葉 
     
     
     
    何も特別なことをすることないのだ、優れたパフォーマンスは、達成することができます。


     

    「忍耐」と「冷静穏やか」であることがIQよりも重要と私は思います。


    それはやる価値はない場合、あっても価値がうまくいっていません。

     

    それは常に、ウォールストリートですが、
    賢い人は先に始めています、

    愚かな人が同じことをやり始めたとき、
    あなたはすでに終わっているのです。

     


     


    企業を買う。株を買うのでない。

     








    @自動売買システム利益確定しメンテ中。稼動は9月です。画像はまた節目節目でアップします




    ちょっと初心者向けに当たり前のことをぼやいてみる。

    ■「気をつけよう。指標トレードや ブレークアウトしたときのスプレットに」
    スプレットが落ち着いてからのトレードをしよう。

    裁量トレード用にGMO証券を使っている。

    通常は約定がはやく、すべりが他の証券会社に比べてかなり少ない。

    しかし これが スプレットの暴れん坊将軍になるときがある。

    雇用統計とかは大きくスプレットが開くことはまだわかる、、

    そやけど、マイナー指標ごときの発表や ちょっとブレークしたとき

    GMO!スプレット 20銭って、最近多くないか???

    !!!

    動意ついてきたら5ぴっぷス まだ これは よいとしよう。

    これ以上の開きが最近 かなり 多すぎる!!たまに 瞬間瞬間に タイトルのように

    20ピップス!!!

    を間あいだに さしてくる。

    こんな時に 参戦したら えらいこと。




    証拠金4,5万に対して 一万通貨で いきなり、2000マイナス。
    もう一万通貨
    もう一万通貨と
    やったら、 

    これだけで  6000円の手数料やないか=い!
    ぼりすぎだ=


    日本には証券会社がノミ行為を禁止している法律がまだないそうだ。
    ならば、その手前の手数料ボッタクリなどは十分有り得る話だ。
    まあいろいろ日本の証券会社を試して現状GMOがよい部類だとは思うけど。


    GMOも やっているのか?まさかだけど。

    これなら、海外FXに完全に切り替えるか 

    これなら、 往復手数料のやすい、日経225専門でいくかも。

    日経225ミニなら一枚 165万円の商品を 買うのに変動するが今は証拠金11万くらい 手数料35円で建てれる

    ポンド円なら 25倍レバとして 7万くらいの証拠金で スプレット(手数料と考えてよい)20ぴっぷスなら 2000円


    何じゃといいたくなる。今更の話ではないのだが。といってもボラリティの大きなポンド円と素直に比較するのは

    どうかという意見も多いともうが。


    こう考えると ブレークアウト手法だけを使うなら 日経225がよいのかなとも思ってしまう。



    あそうそう。

    管理人が勝っているからといってEA自動売買を 安易に取り組むな!



    なぜか!?今のシステムを使うまでポンコツを掴まされた経験があるからだ。

    たくさんEAも販売されているし 使っている人も多いと思う。

    まずは購入後に フォワードテストをデモから行うべきある。.

    一定期間プラスになれば、運用を小額からすればよいと思う。

    VPSなどは月数千かかるだろうけど、授業料は必要。

    面倒くさかったら、システム丸ごと貸してくれるところもあるしね。





    お帰りの際はポチっと押していただけると管理人も
    ブログにいろいろと告白しやすいのじゃよ。



    将棋や囲碁の頭脳ゲームで コンピューターが 人間を打ち負かす時代がやってきた。

    昔は こういった戦いで コンピュータが善戦するも、勝ち越すことはなかった。

    また、最強といわれる、名人クラスがコンピュータを相手にすることはなかった。

    そらそうだ。


    コンピュータに人間が負けたら もうそれはそれで 人間がわの既得権益損失にもなりかねないからな。

    最強!という存在が最強ではなくなる。それは 憧れの対象がかわるからな。

    将棋会や棋士 にも  スポンサーがついたりつかなかったり、にも影響してくるだろう。




     囲碁プログラム「AlphaGo」とトップ棋士・李世ドル九段の5番勝負「Google DeepMind チャレンジマッチ」の最終5局が15日に行われ通算対戦成績は「AlphaGo」の4勝1敗。

    将棋のほうは2015年の3月から4月にかけて開催




    将棋電王戦FINALで 人間が2勝3敗の負け越し。

     今年は 棋士が勝ち越しだったと思う。

    こんな風にコンピュータが人間に追いつき、追い越しが近いうちにやってくるだろう。

    トレードの世界でもそう。

    よく、裁量トレーダーがいうには 難しい局面や 新局面を判断できないだろう。

    バックテストで通用しても将来通用しないだろう。とか

    とかファジーな判断はできないだろうから人間が勝つというようなことをよく聞く。


    しかし、ほんとにそうだろうか?

    そもそも 優秀な運用システムは
    ●一定期間フォワードテストもしてから運用する
    ●そもそも裁量トレードの勝ちパターンがルールに導入されている
    ●人間の思考が入っている


    過去のデータの読み込み量や分析検証力、バックテスト、フォワードテスト、スピード、冷静さ、

    そもそも、人間が勝てるわけがないのである。


    僕は 

    裁量で勝てるように(それなりに)なるのがほんとに時間かかったというのが事実です。

    株やFXでデビューして数年間はマイナスで大きく数百万やらかしているのは裁量トレード。数百万溶かしています。

    裁量と自動売買運用の両方をしているので 思うまま言うと

    裁量トレードは好きだし勿論認めている。しかし トレーダとしてより優秀なのは

    コンピュータになるだろう。

    でも

    優秀なシステムを作ったり、セレクトするにはやはり、裁量の技術も勉強して向上させなければならない。

    つまり

    両方やって良い!ということだ

    しかし

    電王戦にでてくるコンピュータシステムはあらゆるソフトと対戦して
    勝ち上がってきたシステムだ。

    EA 自動売買 システムは 

    ポンコツシステムから

    超優秀システムまで玉石混交だ

    管理人が勝っているからといって安易に取り組むな!

    なぜか!?

    つづく

    お帰りの際はポチっと押していただけると管理人も
    ブログにいろいろと告白しやすいのじゃよ。



    このページのトップヘ