ジムロジャースインタビューより まとめ(日経電子版201612.14の記事をまとめられた動画です)

 


当面はトランプ次期大統領の登場で当面はドル高と商品相場の上昇は続くと予測。
しかし、2017年の最大のリスクとして
トランプの政策に対する疑問視。


日本株は円安追い風で上昇となっているが、トランプの保護主義により悪影響が出る可能性がある

 

 

 

@ジムロジャース (世界3大投資家の一人、ジョージソロス氏とクウォンタムファンドを立ち上げた人)


現在 ドル円が100円攻めの後に117円を伺うくらいの急上昇。日経も20000を伺うくらいに上昇してきた。
で、これらの上昇原因は トランプの政策期待からというもの。投資家が現実路線に転換した時は暴落はあり得る。

 

「米国株のリスク」
トランプ大統領就任後の政策表明は?

●大型減税(会社に対し)と公共事業投資、
●金融関連の規制緩和

を表明している。

しかし、
この政策は上院と下院を通過しなければ、大統領の裁量が発揮できないのだ。

政策が通すには、アメリカの財政に余裕がなければならない。しかしそんな余裕はアメリカにあるのか?

これらの政策がとおらなければ、絵に描いた餅で期待感から上昇していたアメリカ株は下落する。

 


「保護主義によるリスク」

●TPPの脱退へ
● NAFUTA(メキシコ カナダ アメリカ)との関税の見直しへ。(アメリカ有利へ)

 

 


「日本株のリスク」

現在は円安の後押しがあって、今の120円近くまで上昇しただけで、日本の実力で上昇したのではない。

それ以上はきついだろう。

●トランプ政権は日本に貿易で 自国に有利になるように数々の要求を突きつけてくるだろう
そうなると、日本の経済によい影響はないだろう