ほったらかしFX。目指せ自動売買長者

●相互リング募集中!●ほったらかし自動売買でどこまで増やすことができるか実弾挑戦中!

    徹底的にやる覚悟があれば資産運用として通用するのだ。



    将棋や囲碁の頭脳ゲームで コンピューターが 人間を打ち負かす時代がやってきた。

    昔は こういった戦いで コンピュータが善戦するも、勝ち越すことはなかった。

    また、最強といわれる、名人クラスがコンピュータを相手にすることはなかった。

    そらそうだ。


    コンピュータに人間が負けたら もうそれはそれで 人間がわの既得権益損失にもなりかねないからな。

    最強!という存在が最強ではなくなる。それは 憧れの対象がかわるからな。

    将棋会や棋士 にも  スポンサーがついたりつかなかったり、にも影響してくるだろう。




     囲碁プログラム「AlphaGo」とトップ棋士・李世ドル九段の5番勝負「Google DeepMind チャレンジマッチ」の最終5局が15日に行われ通算対戦成績は「AlphaGo」の4勝1敗。

    将棋のほうは2015年の3月から4月にかけて開催




    将棋電王戦FINALで 人間が2勝3敗の負け越し。

     今年は 棋士が勝ち越しだったと思う。

    こんな風にコンピュータが人間に追いつき、追い越しが近いうちにやってくるだろう。

    トレードの世界でもそう。

    よく、裁量トレーダーがいうには 難しい局面や 新局面を判断できないだろう。

    バックテストで通用しても将来通用しないだろう。とか

    とかファジーな判断はできないだろうから人間が勝つというようなことをよく聞く。


    しかし、ほんとにそうだろうか?

    そもそも 優秀な運用システムは
    ●一定期間フォワードテストもしてから運用する
    ●そもそも裁量トレードの勝ちパターンがルールに導入されている
    ●人間の思考が入っている


    過去のデータの読み込み量や分析検証力、バックテスト、フォワードテスト、スピード、冷静さ、

    そもそも、人間が勝てるわけがないのである。


    僕は 

    裁量で勝てるように(それなりに)なるのがほんとに時間かかったというのが事実です。

    株やFXでデビューして数年間はマイナスで大きく数百万やらかしているのは裁量トレード。数百万溶かしています。

    裁量と自動売買運用の両方をしているので 思うまま言うと

    裁量トレードは好きだし勿論認めている。しかし トレーダとしてより優秀なのは

    コンピュータになるだろう。

    でも

    優秀なシステムを作ったり、セレクトするにはやはり、裁量の技術も勉強して向上させなければならない。

    つまり

    両方やって良い!ということだ

    しかし

    電王戦にでてくるコンピュータシステムはあらゆるソフトと対戦して
    勝ち上がってきたシステムだ。

    EA 自動売買 システムは 

    ポンコツシステムから

    超優秀システムまで玉石混交だ

    管理人が勝っているからといって安易に取り組むな!

    なぜか!?

    つづく

    お帰りの際はポチっと押していただけると管理人も
    ブログにいろいろと告白しやすいのじゃよ。




    日本政府が日本株の大株主に。会社が国有化へ?


    日本株を政府が買って蓋を開けてみれば 株主全員が日本政府。ってことになるだろうか?
    またタイトルどおり買い上げが進むなら一時は225が暴騰するだろうが。。。


    連動する2つの銘柄。 日経225とドル円の乖離が結構日足レベルでも出てきた。

    英国離脱投票のときには100円くらいに対し、日経225は14800-15000と動いていた。

    それから比べると今 日経225は16500円となっている。1500くらい乖離がある。

     そのひとつの原因は政府の株買い上げ。


    国債を年80兆円購入し、対価として80兆円の紙幣を市場へ供給する 量的緩和の効果は限定的で、ETFの買い入れ額3兆から6兆へと倍増へ.

    しかし

    80兆円の債券購入と比較すれば資金は少額です

    これからこのETFをさらに増額するのか、どうかを考えると 

    厳密には株価7000-9000円台と大量に買い支えて成功してきた。
    このときはPERやPBRがえげつない数値をつけていたので長期保有という観点ではインカムとキャピタルゲインの両面で有効だろう。

    それこそ、バフェットと同じように逆張り成功させている。


    国民からすると、


    株価が下がってもらっては困るので買い上げてほしい。

    でも 年金を投入して 株が下がったら、年金受け取りが減る。

    そういった批判は避けたい政府。

    リスクを取りたくない日本国民。
    なので、あまり増額できないだろうと考えるのは自然とちがうのだろうか?

    ヘリマネが幻想なら日銀と政府も資金量のちがう海外ファンド勢に立ち向かっても勝ち目はないだろう。

    おいら達ができることは

    節目を作ったところをしっかりと見極め、ルールどおり、一喜一憂せず


    ストップとリミットを確実に入れて普段どおりにやっていくしかない。

    おばんどす。



    自動売買は9月までメンテナンス。負けた月がないのもこれがあるからかも。


    さて


    円高がどこまで行く。


    米ウォールストリート・ジャーナル紙によると、安倍首相の経済ブレーンである本田前内閣官房参与は、日銀は来月大胆な行動をとる可能性がある、

    だと。

    備忘録としてかく。
    本日の裁量トレード

    一瞬上昇したがすぐドル円は下落した。ポジションをもっていたが、だましにかかり、損ぎり。-3000円

    ネックラインが完全に抜けていないのにお手つきのトレード。

    5分足ラインを完全に抜けてからトレードインしないとあやふやな太陽線では引き戻されやすい。


    夕方、英国小売上高指数の数字がよく、ポンドが太陽線。ボックスを抜け切っていたので
    のったが、スプレット地獄につかまる、スプレットが収まったところで 分割買い。


    上昇が進んでくれたので7000円で決済。





    政府よ また いつものポージングか???

    てゆうか、ヘリコプターマネーが 幻想であるということはもう明確なので

    借金大国の 日本政府に残された手があるとは思えない。あるのか?打つ手が?


    自分としては為替や株は自動売買中心で 裁量はスキャルからスイングなので 225が上昇しようがしまいが
    関係ないが、景気が悪くなるのは勘弁してほしい。

    みんなが ねがてぃぶ になるのはこっちもテンションが下がる。。。







    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    ウォーレン・バフェットの名言


    第1ルール、損しないこと。第2ルール、第1ルールを忘れるな。

    Rule #1: Never lose money. Rule #2 : Never forget Rule #1.

    — Warren Buffett





    リスクはあなたが何をやっているか理解していない時に起こる。

    Risk comes from not knowing what you're doing.

    — Warren Buffett



    25以上のIQがあれば投資での成功は頭の良さとは何ら関係ない。
    それなりの頭があれば、投資で必要なのは多くの投資家を失敗に陥れる衝動をコントロールできる気質だ。





    真:ロイター/アフロ

    アメリカ合衆国の投資家、経営者。

    世界最大の投資持株会社「 バークシャー・ハサウェイ 」会長兼CEO。


    このページのトップヘ